« 天然 | トップページ | ツネさんの怪我 »

2008年1月13日 (日)

最後のロッカールーム

昨日日本テレビでやっていた番組です。

たまたまなんですが、サッカーの番組らしいので、録画しておいてあとで見ました。

それは高校サッカーの試合後のロッカールーム。負けたチームの様子を撮ったものでした。

まさに感動のドラマですね。どんな泣ける映画より泣きました。

試合後の監督の言葉がそれぞれの学校で違うのですが温かく心に響きます。そういう良い先生と出会えることも人生の宝物だと思います。

選手権に出れるチームなのですから、それは並大抵の練習ではなかったと思います。

3年間一生懸命にやってきたけれども最後に笑えるのはたった1校しかないのですから。

もちろん選手権に出れるチームはまだいいですが、各都道府県の予選で多くのチームは負けています。そこにもドラマがあったはず。

最近はユース出身の選手も多いですが、高校サッカー出身の選手はまた違った3年間の厳しい練習をしてきたと思います。

団結とか気持ちを一つにするとか、厳しい合宿や練習を重ねてきて、そのつながりは大きいのでしょうね。

そういうのを見ても卒業後、多くのJリーグの選手が初蹴りに母校に戻るのかなぁって思います。そこで一緒だったチームメイトは一生大事な友人になるはずですから。

ああいう場面を見ていると、男の子って良いなって思います。家は娘2人だし、スポーツ音痴。私もあまりそういう経験をしたことがないからなおさらうらやましいです。

明日は決勝戦。千葉と静岡対決ですよ。どちらも私の地元。どちらを応援しましょうかね。いまだに迷います。どちらも優勝してほしいけどそうも行かないし。とにかく良い試合になることと思います。楽しみにしています。

|

« 天然 | トップページ | ツネさんの怪我 »

高校サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天然 | トップページ | ツネさんの怪我 »