« ツネさんとガンバ | トップページ | ナビスコ千葉戦勝利 »

2007年4月 7日 (土)

発表会

今日は下の娘のピアノの発表会でした。この4月から高3になった娘にとって、最後の発表会になりました。

ピアノを習い始めて早10年以上。月日の経つのは早いものです。上の子が小1で始めたのですが、ピアノだけでなく何でも自分でやりたいと言って始めたお姉ちゃんと違って、何をやるにも「イヤ!」と言っていた妹。何とか始めたピアノは悪戦苦闘の毎日でした。

練習をさせるのに喧嘩しながらの毎日。それでも優しい先生の声援もあって、「エリーゼのためにが弾けたらやめる」というのを条件に続けていました。でも小4で弾けちゃったんですよね。

そこで「もうやめる」と言い張った娘を「せっかくだから6年生までは続けようよ」と納得させました。そして小学校を卒業。そこでまた「やめる」と言った娘。今度は先生の説得があって、その上部活で吹奏楽に入ったものですから、何とか続けることに・・・。

あんなに大嫌いだったピアノでしたが、優しいけれど難しい曲を挑戦させてくださる先生のおかげで、いつのまにか難しい曲も弾けるようになりました。何でも器用に出来た姉とは違い、進むのは遅かったけれど、長年培ってきたものは身についていたのです。

中学では自分からすすんで合唱コンクールの指揮とピアノ伴奏を3年間やりました。さすがに高校進学時にやめる気でいましたが、「月に1回でいい」という先生の申し出に、細くなが~く続けていました。

今回は先生のたっての希望があって、ムソルグスキーのピアノ組曲「展覧会の絵」を大きな子達6人で弾きました。今のピアノ教室では今回の発表会(2年に1度なのです)で卒業の子が多く、先生も難しい課題ができるのも最後と思ったようです。

ここ数年、先生の一番上のお嬢さんが大学を卒業してヴァイオリンを教えているので、ピアノだけでなく、ヴァイオリンの発表会も兼ねています。ヴァイオリンを習ってるのは小さなお子さんだけでなく、大人、特に年配の男性もいらして、なかなか良いですよ。

今日はピアノを習い始めて2年という60歳の女性が、たどたどしかったですが「渚のアデリーヌ」を弾きました。素敵でした。

実は私も将来の夢ですが、またピアノを始めたいなと思っているのです。私もはるか昔、7年くらい習っていました。バイエルの時は優しい女の先生でしたが、バイエルを卒業したら、男の先生で、またその先生が厳しいのです。完璧に弾かないと○をくれない。練習も嫌いだったのでなかなか進まずに、結局中学1年でやめてしまいました。

私のピアノの先生のお嬢さんは有名なピアニストなんです。深澤亮子さんという方です。もう70歳近いと思うのですが、NHKのピアノ教室の先生をやっていたこともあり、特に子供のための演奏を多くされている方です。そのお父様なので厳しいはずです。

でも大人になるにつれ、やはり続けていればよかったという後悔があり、いつかまた始めたいなと思っていました。まだ時間がないので無理ですが、時間に余裕ができたら始めたいな、指を使うとボケ防止になりそうだし、一石二鳥だわ。なんて思っています。

横浜に住む私の叔母ももう何年もヤマハの教室に通っています。「練習も大変だし、すごく緊張するけど、でもボケないように続けているのよ」なんて笑って話してくれます。そんな夢を持っている私です。

余談ですが、偶然会場で私と同じ会社の別の薬局に勤めている方にお会いしました。なんとその方は、家の長女と同時期に始めたAちゃんのお母様のお姉様だったのです。その上Aちゃんのお父様のお姉様(ややこしいですね)がザルツブルグにもう30年も住んでいるのですって。今度ザルツブルグに住む甥っこさんの結婚式に参列するためにザルツブルグに行くのですって・・・。私とはただ知り合いってだけですが、何故かとても嬉しかったです。もしザルツブルグに行く時はよろしくと頼んでおきました(笑)

もう一つ余談です。娘がもう1曲弾いたのですが、その曲はサティの「ジムノベティ第1番」。聞けば多くの方が知っている曲だと思います。私も大好きな曲なのです。でも娘は「ジムノベティ」というバンドの大ファンで、それつながりで弾きたいと申し出て弾いたのでした。

話はそれましたが、発表会が終わって、先生のご挨拶が涙ながらだったので、こちらまで泣いてしまいました。先生には本当にお世話になったので感慨深いです。

ピアノをやめてもいつまでも音楽には興味を持ち続けて欲しいと思います。我が家のピアノはもう買ってから15年くらい経ちますがまだまだ現役でいて欲しいなと思っています。

|

« ツネさんとガンバ | トップページ | ナビスコ千葉戦勝利 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

感動的なお嬢さんの最後の発表会だったんですね~。
HIROKOさんに、なだめすかされた(?)とはいえ、
お嬢さん自身がお好きだったから10年も続いたんだと思います。
うちの娘達も幼稚園から習っていましたが、中学受験の前にやめてしまいました。
発表会やグレードの試験の時にドキドキして見ていたことを思い出しました。
うちの「鳴らずのピアノ」もかわいそうだから、私もボケ防止に、
三十?年ぶりに弾いてみるのもいいかもですね。

それと、なんだかザルツブルグが近くなりそうな雰囲気が・・・(笑)

投稿: junsan | 2007年4月 8日 (日) 13時49分

>junsanさん
この前娘と、「ピアノをやめなくてよかったでしょう」と私が言うと、娘が「まあね。エリーゼのためにを弾けたらやめると言ってたのにね。」なんて会話がありました。いつの日か母に感謝の気持ちを持ってくれることを願っています(笑)今は自分の好きな曲の楽譜を買っては弾いています。難しい曲をやらせていただいたおかげで私なんかよりずっと楽譜は読めるので、その点は続けていて良かったと思っています。
お嬢さんたちもピアノをやられていたのですね。やはり続けるのは大変ですよね。
ピアノは使わないとよくないと聞きますのでぜひお互いボケないように弾いてみますか(笑)
ザルツブルグの話は万が一行くってことになったらですけどね。でも近くにそういう方がいるとちょっと心強いです。今のところは無理ですけど・・・。

投稿: HIROKO | 2007年4月 8日 (日) 16時14分

ピアノのことは音楽の時間と遊びでしかひいたことの無い私で、何もわかりませんが、お家の中で親子でひかれると家中が癒されますね。なんだかとても素敵なおうちって気がします。
うちにも娘がいたならそうしたでしょうか。男の子がピアノを弾けるのも素敵なことですよね。恒凛くんも弾いているんですものね。うちは考えもしませんでした(汗)スポーツ以外のことは思ってもいませんでしたよ(大汗)
お嬢さんの発表会、感動的でしたね!
ザルツブルクにつながりが出来て心強いお話ですね~

投稿: アンジー | 2007年4月 8日 (日) 22時38分

お嬢さん、発表会お疲れ様でした。ピアノを続けてきた経緯を伺って、すごく微笑ましいお話だな~と思いました。
私も恥ずかしながら高校2年生までは習っていましたが、やはり弾かない期間が長いと、次第に指は動かなくなるものですね。今はたどたどしく弾いています。我が家のピアノは、私が小学校5年生の時に両親から買ってもらったものですが、未だにきちんと音がでますよ(笑)

うちは男の子2人なのでさわりもしませんが、少しは興味を持ってくれたら嬉しいな~と、女の子さんのいるお宅が羨ましいです。お嬢さんも、3年生になられて学業の方が忙しくなるのでしょうから、またお時間が出来た時に弾かれるといいですね。親子で連弾が出来るHIROKOさんがHIROKOさんが羨ましいです。

投稿: コーヒーママ | 2007年4月 9日 (月) 10時03分

>アンジーさん
私はここ何年か全然弾いていないのですが、娘達が弾くのを聞くとそれなりに楽しめますよ。
家の先生のお教室は男の子が多かったですよ。静岡のコンクールも何度か出たことがあるのですが、どんなに上手に弾けても力強い男の子の演奏にはいつも負けていました。
けっこうスポーツもやりながらピアノも習っている子が多かったですね。家は運動が駄目で唯一水泳しかやってませんでした。
ちょっとだけザルツブルグつながりが出来たのが嬉しかったです(笑)

>コーヒーママさん
ママさんは高2までやっていらしたのね。きっとお上手なのでしょうね。今でもしっかり音が出るってことはちゃんと調律もされているのでしょうね。私の実家のピアノはずっと調律していないので変な音が出たりしています。
家の教室では男の生徒さんが多いです。スポーツもしつつピアノもってお子さんが多くて感心しています。
実は上の娘がピアノを始めて、娘と連弾をやることになり(連弾の会と発表会が一年おきにあります)、久々に弾くのに1ヶ月毎日練習しましたが、指が思うように動かなかったです。それ以後は姉妹でやっていますが・・・。連弾も楽しいですよね。

投稿: HIROKO | 2007年4月 9日 (月) 20時46分

おけいこごとというものをいっさいやってない(やらせてない・汗)
ウチの息子。

だいぶ前に、お友達の息子さんがピアノを弾いてるのを
見て、男の子がピアノ弾くのってかっこいいなぁ~、
習わせとけばよかった、指も長いし・・とか
そんなことしか思いつかない私です(笑)

私も子供の頃習ってみたかったけど
やらせてもらえませんでした。
HIROKOさんや娘さんがうらやましいです。
素敵ですね。。。

投稿: すぶたん | 2007年4月 9日 (月) 21時01分

>すぶたんさん、コメント遅くなりごめんなさい。
男の子がピアノを弾くのってカッコイイですよね。今からでも遅くないですよ。どうですか?息子さんに習わせてみたら・・・。興味さえあれば若いからきっとすぐ弾けるようになると思いますよ。
私は自分の意思とは関係なく、母にある日突然ピアノの先生のところに連れて行かれたのですが、あまり練習もせずに上手ではなかったけれど、今ではやらせてくれた母に感謝しています。その所為で音楽が大好きな子になりましたから。娘達にもそういう気持ちでピアノだけはやらせたいと思ったのでした。
家の娘達には他にも色々やらせたのですが、特に上の子は自分からやりたいと言ったものをやらせていました。下はそのついでにやらせたのですが・・・。
当時は送り迎えとか大変でしたが、まあやらせたことは良かったと思います。ただ上の子同様に下の子も英語のお遊び塾みたいなところに行かせていたのですが、全然覚えてないの。おまけに英語嫌いだし。それだけはお金の無駄だったと後悔しています(笑)

投稿: HIROKO | 2007年4月12日 (木) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツネさんとガンバ | トップページ | ナビスコ千葉戦勝利 »