« ☆HAPPY BIRTHDAY☆ | トップページ | メディア情報 »

2007年2月11日 (日)

暖冬

003_2今年の冬は暖かいですよね。私が住んでいるところは他のところに比べると暖かいほうですが、それでも暖房は欠かせないのです。でも今年は暖房をそんなに入れなくても大丈夫なくらいです。こんな年は初めてです。やはり異常気象なんでしょうか。

今日娘が学校で模試があり、朝送って行きました。娘の高校は自宅よりかなり高台にあり、富士山がかなり近く見えるのです。いつもデジカメ持ってくればよかった~って思うことが多々あるのですが、今日はたまたま持っていましたのでちょっと撮ってみました。でも電線や家が入ってしまいましたが・・・。やはり雪はいつもの年より少ないかも。富士山の雪は風が強いと飛ばされてしまうので、その所為もあるとは思いますがでも少ないですね。

暖冬のおかげでここ数日スギ花粉が飛び始めたようで、私も仕事も急に忙しくなりました。ここ数日の患者数は普段よりずーっと多く、ほとんどが花粉症の患者さんです。しばらくこの忙しさは続くことと思います。ちょっと気が重いです。

私もここ数日目がかゆく涙目状態。でも薬は飲んで、目薬もさしているのでたいしたことはありません。マスクして患者さんと対応すればほぼ正常状態です。花粉症の皆様、ぜひ早い準備をして下さいね。

今朝たまたま見たテレビで色々な花粉症対策のことをやっていました。初めて聞いたものの中に、フキをあく抜きしないで調理して食べると良いらしい。フキのあくの中にある成分が良いらしいです。フキは大好きなので自分で煮たりしますがあく抜きしますね。今度はあく抜きしないで食べてみようと思います。何でもフキの産地のその町の人はほとんど花粉症の人がいないらしいです。

あとゴマ油を鼻の中に塗るっていうのがありました。これはどうかな?ちょっと鼻がヌルヌルしそうなのでパス。

私がここ数年やっているのが、「べにふうき」っていうお茶を飲むこと。数年前にテレビで初めて知って、すぐにネットで検索して見つけたのですが、さすがテレビの力はすごいです。ほぼ完売状態で、何とか静岡県内のお茶農家を探して、それ以後毎年買って飲んでいます。その当時はまだ作っている量が少なく、ほとんど出回っていなかったようですが、今ではだいぶ生産されているのだと思います。アサヒ飲料からはペットボトルで売り出されるようです。私はほとんど家の中にいるのでそんなではないのですが、やはり娘は外にいる時間も長く、スギ花粉症がひどいので毎日飲んでいます。これはちゃんと成分が有効と認められていますのでよかったら飲んでみてください。甜茶よりもずーっと飲みやすいです。

|

« ☆HAPPY BIRTHDAY☆ | トップページ | メディア情報 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

富士山って、まっしろ~っていうイメージがあるのですが
意外にそうでもない・・・というかやっぱり雪が例年より
少ないんですね。

私もちょっと花粉症があるのですが
ここのところそうでもなかったのに
今年はひどくなりそうな予感です。
「べにふうき」、っていうお茶があるんですね。
知りませんでした。
ペットボトルでも売り出されるんですか・・・
ためしてみようかな?

でも私の一番の問題はそういうの長続きしないこと
なんですが(爆)

投稿: すぶたん | 2007年2月11日 (日) 15時51分

>すぶたんさん
富士山はすぐ雪が積もりますが風で飛ばされるようで、真っ白ってイメージがあると思いますが、そうでもない日が多いです。でも今年はやはり少ないかもですね。
すぶたんさんも花粉症あるのですか?今年もそんなに多くはないようですが去年の1.5倍くらいらしいです。やはりスギにアレルギーがあると辛いです。特に私は目が酷くなるので早い対策が一番です(昔は症状が酷くて眼科にも通ってました)。
べにふうきって抗アレルギー作用がある成分が含まれてるらしいです。ペットボトルは期間限定で売り出されているみたい。ネットで注文できるみたいですがけっこう高いです。お試し6本セットっていうのがありました。よかったら見てね。http://www.asahiinryo.co.jp/benifuuki/

投稿: HIROKO | 2007年2月11日 (日) 22時40分

HIROKOさん、こんばんは。富士山、とっても綺麗ですね~やはりお写真拝見してしていても、すごく近い感じです。昨年末、天皇杯観戦で新幹線で神戸まで行った時、新幹線の窓からとっても綺麗に見えていて、その時はこのお写真よりも真っ白でした。遠くから見るのと、HIROKOさんのところから見るのとではやはり違うんですよね。

花粉症のシーズンですね。私も14~5年目なのですが、今年は体が早く反応しました。私の場合は、目のほうよりも、鼻水、くしゃみでしょうか。明け方は鼻が詰まって、苦しくて目が覚めたりします。鼻が詰まるので、どうしても口を開いて寝ているのでしょうか?のどの乾燥が気になります。就寝時も、必ずマスクをつけて休むようにはしていますが、これが、GW近くまで続くので、憂鬱な日々です。

投稿: コーヒーママ | 2007年2月11日 (日) 23時55分

富士山、やはり雪が少ない感じですね。でも本当に近くて綺麗です。私はガンバのホーム最終戦の前日、大阪行きの飛行機から富士山の真上を飛んでいる時に見て友達と感動してしまいました。あまりの感動のしようでカメラ出すのも忘れて・・・(思った時には遅いですけどね)
あれだけ綺麗な富士山は見たこと無かったです。毎年静岡に行く時は東名から晴れている時に綺麗な富士山を見れますが、あの飛行機からの富士山は一生ものです。

まだ私は花粉症とは無縁ですが、いつなるかわからないし、息子が大変な思いしているので参考にさせていただきます~

投稿: アンジー | 2007年2月12日 (月) 01時05分

>コーヒーママさん
けっこう近いでしょう。私は千葉生まれなのでこちらに来てもう20年以上経つのですが未だに毎日富士山を見て感動しています。地元の人たちは私ほどそんなに見ないって言ってますよ。
ママさんも花粉症なのですね。私も上の娘を産んでからなりましたのでもう花粉症歴20年ですね。ママさんは鼻の症状が強いのですね。私も10年くらいはまず目に来て、鼻も鼻づまり、鼻水で苦しみました。でも今では早めに薬を飲むので、目も目薬をつければそんなでもないし、鼻も辛くないです。なりはじめはスギ花粉だけに反応していましたが、徐々に色々なアレルギーが出て、今ではスギ、ヒノキ、ブタクサや稲にもあり、ハウスダストやダニもあります。去年先生のすすめで血液検査をしたのですが、けっこうみんな陽性でちょっとビックリ。でも各々の値がそんなにすごくなかったので、何だかアレルギーが分散された感じです。
私もゴールデンウィークあたりまで続くのでお互い気をつけましょうね。

>アンジーさん
富士山の上を飛んだのですね。私も昔九州に行く時に富士山を真上から見ました。しっかり火口も見れてすごく感動しました。大阪行きの飛行機も富士山の上を飛ぶのですね。私の職場の北側の窓から富士山が見えるのですが、いいお天気の日は飛行機が飛んでいるのが良く見えます。どこ行きの飛行機だろうといつもみんなで話しているのですが、大阪行きの飛行機もあるのですね。納得です。
息子さんが花粉症なのですね。なるだけ楽になるように色々試してくださいね。私は今はすごく楽に過ごせるようになりましたよ。

投稿: HIROKO | 2007年2月12日 (月) 18時33分

こんにちは。お久しぶりです。
ブログさぼり気味の私で、最近は朝のネットもしてなかったのですが、今日ここにきて、美しい富士山を見て感動。
やっぱり富士山はとくべつですね。
夏に河口湖~山中湖~・・・と富士山を見える場所を探してた旅行がなつかしいです。
わたしにとって富士山はまさにこんな感じの雪加減です。
これ以上雪が多いと寒そうで・・・でも雪がないとなんか物足りないとかんじる、富士山から遠くに住んでるもののかってな思い込みかも・・・です(笑)

投稿: みん | 2007年2月13日 (火) 07時36分

富士山が綺麗ですね。
今日もこちらはぽかぽか暖かくて、3月みたいな陽気です。
上の娘は、花粉症がひどい子なので、すでに発症してしまいました。
鼻水が出て、辛いと言ってます。
私もそろそろきそうで怖い。
洗濯物も外に干せなくなってきて、嫌なシーズンです。
そういえば、去年もなぜ春先に試合見に行かなかった?と思い返せば、花粉症のため、外に出たくなかったからだわ(爆)
今年もボチボチにします(笑)

投稿: iruka | 2007年2月13日 (火) 12時38分

富士山、やっぱり癒されますね~
でもやっぱり少し雪が少ない感じがします。この前、何かのTVで地球上の自然の危機を特集していて、富士山のこともやっていました。詳しく説明はできないですが、雪が少ないことは山が生存していく上で深刻な問題だそうです。そして「綺麗な富士山」のイメージが強いのですが、死角になっている部分が地崩れをおこしていて毎日少しずつ大きな塊が崩れているそうです。その映像が映ったのですが、衝撃的でした。そのほかにもサンゴ礁のこともやっていました。
小さなことでもいいから地球に優しく生活しようと思いました。なんだかちょっと話がズレてしまいましたね。すみません。

投稿: ゆうこ | 2007年2月13日 (火) 22時14分

>みんさん
お久しぶりです。みんさんは去年の夏、富士山の周辺を旅行されたのですよね。夏の富士山はたぶん全然雰囲気が違ったと思います。
やはり富士山のイメージは雪をかぶった富士山ですよね。私もそうです。ただ今年の冬は暖冬なのですっきりと空気が澄んで見える日が少ないような気がします。

>irukaさん
親子で花粉症ですか。我が家も私と下の子が花粉症。上の娘は花粉はそんなにないのですが、アレルギー性鼻炎があり、一年中グスグス言っています。
私もこの時期はお洗濯は家の中に干し、外にはなるべく出ないを実行しています。最近はハウスダストとかにもアレルギーがあることが発覚してスギ花粉症は昔よりは酷くなくなりましたが、それでもやはり目はかゆいし、鼻水、鼻づまりがあります。お互い気をつけましょうね。

>ゆうこさん
富士山に癒されますか?私も毎日癒されています。
家の方側からはそんなに見えないのですが、山が崩れている場所があります。富士山は遠くから見るのがいいのかもしれません。今世界遺産登録を目標にしているようですが、色々な問題があり、承認されるか心配です。
富士山の凄さはいろいろあるのですが、私が住むあたりは、富士山からの湧き水があるおかげで美味しいお水を飲むことができます。実家に帰ると水道水の不味さに閉口してしまうくらい美味しいですよ。夏は冷たく冬は温かいです。これも富士山のおかげです。

投稿: HIROKO | 2007年2月15日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83744/13868349

この記事へのトラックバック一覧です: 暖冬:

» 甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)とは [Mr.サプリメントの健康辞典]
甜葉懸鈎子とは【甜葉懸鈎子:てんようけんこうし】 --学名:Rubus suavissimus S.Lee --別名:開胃茶中国南部を原産地とし、現在の産地としては中国・広西壮族自治区が知られています。甜茶で知られる植物はアカネ科の「牛白藤」、ユキノシタ科の「蝋蓮繍球」、ブナ科の「多穂柯」とバラ科の「甜葉懸鈎子」の4種類があります。その中で、バラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)にのみアレルギー作用の緩和効果があ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 17時03分

« ☆HAPPY BIRTHDAY☆ | トップページ | メディア情報 »